DANSK

Den kloge Hans

日本語

ものわかりのいいハンス


"Hvor skal du hen, Hans?" siger Hans mor. "Til Grete, mor," svarer Hans. "Bær dig nu fornuftig ad, Hans." - "Det skal jeg nok. Farvel mor." - "Farvel, Hans."

Hans går hen til Grete. "Goddag, Grete," siger Hans. "Goddag, Hans. Har du noget godt med?" - "Ikke en smule, giver du ikke noget?" Grete giver Hans en nål. "Farvel, Grete," siger Hans. "Farvel, Hans."

Hans stikker nålen i et hølæs og går hjem bagefter vognen. "God aften, mor." - "God aften, Hans, hvor har du været henne?" - "Hos Grete." - "Hvad gav du hende?" - "Ingenting. Hun gav mig noget." - "Hvad gav hun dig?" - "En nål." - "Hvor har du den?" - "Den har jeg stukket i et hølæs." - "Det var dumt af dig, Hans, du skulle have stukket den i ærmet." - "Jeg skal gøre den bedre næste gang."

"Hvor skal du hen, Hans?" - "Til Grete, mor." - "Bær dig nu fornuftig ad." - "Det skal jeg nok. Farvel, mor." - "Farvel Hans."

Hans går hen til Grete. "Goddag, Grete." - "Goddag, Hans. Har du noget godt med?" - "Ikke en smule. Giver du noget?" Grete giver Hans en kniv. "Farve], Grete." - "Farvel, Hans."

Hans tager kniven, stikker den ind i ærmet og går hjem. "God aften, mor." - "God aften, Hans. Hvor har du været henne?" - "Hos Grete." - "Hvad har du givet hende?" - "Ingenting, hun har givet mig noget." - "Hvad har hun da givet dig?" - "En kniv." - "Hvor har du den, Hans." - "Den har jeg stukket i ærmet." - "Det var dumt, Hans, du skulle have puttet den i lommen." - "Jeg skal gøre det bedre næste gang."

"Hvorhen Hans?" - "Til Grete, mor." - "Bær dig nu fornuftig ad, Hans." - "Det skal jeg nok. Farvel, mor." - "Farvel, Hans."

Hans går hen til Grete. "Goddag, Grete." - "Goddag, Hans. Har du noget godt med?" - "Ikke en smule. Giver du noget?" Grete giver Hans et gedekid. "Farvel, Grete." - "Farvel, Hans."

Hans binder benene sammen på geden og putter den i lommen. Da han kommer hjem, er den kvalt. "God aften, mor." - "God aften, Hans, hvor har du været henne?" - "Jeg har været hos Grete." - "Hvad har du givet hende?" - "Ingenting. Hun har givet mig noget." - "Hvad har hun givet dig?" - "En ged." - "Hvor har du den, Hans?" - "Jeg har puttet den i lommen." - " Det var dumt af dig, Hans, du skulle have bundet den i et reb." - "Jeg skal nok gøre det bedre næste gang."

"Hvor skal du hen, Hans?" - "Til Grete, mor." - "Bær dig nu fornuftig ad, Hans." - "Det skal jeg nok. Farvel, mor." - "Farvel, Hans."

Hans går hen til Grete. "Goddag, Grete." - "Goddag, Hans, har du noget godt med?" - "Ikke en smule. Giver du ikke noget?" Grete giver Hans et stykke flæsk. "Farvel, Grete." - "Farvel, Hans."

Hans binder flæsket i et tov og trækker af med det. Hundene kommer til og æder det. Han kommer hjem med rebet i hånden og ikke andet. "God aften, mor." - "God aften, Hans, hvor har du været henne?" - "Hos Grete." - "Hvad har du givet hende?" - "Ingenting, hun har givet mig noget." - "Hvad har hun givet dig?" - "Et stykke flæsk." - "Hvor har du det?" - "Jeg bandt det i et tov og trak det hjem, men hundene åd det." - "Det var dumt, Hans, du skulle have taget det på hovedet." - "Jeg skal nok gøre det bedre næste gang." - "Hvor skal du hen, Hans?" - "Til Grete, mor." - "Bær dig nu fornuftig ad, Hans." - "Det skal jeg nok. Farvel, mor." - "Farvel, Hans."

Hans går hen til Grete. "Goddag, Grete." - "Goddag, Hans, har du noget godt med?" - "Ikke en smule, giver du ikke noget?" Grete giver Hans en kalv. "Farvel, Grete." - "Farvel, Hans."

Hans sætter kalven op på hovedet, og den skraber ham i ansigtet med fødderne. "God aften, mor." - "God aften, Hans, hvor har du været?" - "Hos Grete." - "Hvad har du givet hende?" - "Ingenting, hun har givet mig noget." - "Hvad har hun givet dig?" - "En kalv." - "Hvor har du den?" - "Jeg har taget den på hovedet, og den har kradset mig i ansigtet." - "Det var dumt, Hans. Du skulle have trukket den hjem og bundet den ved hækken." - "Jeg skal nok gøre det bedre næste gang."

"Hvor skal du hen, Hans?" - "Til Grete, mor." - "Bær dig nu fornuftig ad, Hans." - "Det skal jeg nok. Farvel, mor."

Hans går hen til Grete. "Goddag, Grete." - "Goddag, Hans. Har du noget godt med?" - "Nej ikke en smule. Giver du ikke noget?" Grete siger til Hans: "Du kan få mig selv med."

Hans binder Grete i et tov og trækker hende hen til hækken og binder hende fast der. Så går han hjem til sin mor. "Godaften, mor." - "God aften Hans. "Hvor har du været henne?" - "Hos Grete." - "Hvad har du givet hende?" - "Ingenting. Jeg har fået hende selv med hjem." - "Hvor har du hende?" - "Jeg har bundet hende til hækken og lagt græs til hende." - "Det var dumt, Hans. Du skulle have kastet øjne til hende." - "Jeg skal nok gøre det bedre næste gang."

Hans går ind i stalden og hakker øjnene ud på alle køerne og fårene og kaster dem i ansigtet på Grete. Grete bliver vred, river sig løs og løber sin vej, og bliver ikke Hans' brud denne gang.
ハンスの母が、
「ハンスや、どごさ 行ぐの?」と尋ねました。
「グレーテルの どごさ」とハンスは答えました。
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「え日だねぇ、グレーテル」
「よぐ 来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持て きた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスに針を一本やります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスはもらった針を干し草車に刺し、車のあとについて家に帰ってきます。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、いんままで どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルさ なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ、もらて きたよ。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「針だよ」
「針 どごさ やた?ハンス」
「干し草車さ 刺したや」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、針だば 袖さ 刺して おぐもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルのどごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持てきた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスにナイフをやります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスはもらったナイフを袖に刺して家に帰ってきます。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルさ なに 持て 行て けだの?」
「なも 持て 行がねよ、もらて 来たや。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「ナイフだや」
「ナイフ どごさ やた?ハンス」
「袖さ 刺したや」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、ナイフだば 袋さ 入れで おぐもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルの どごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持て きた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスに子ヤギを一匹やります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスは、もらった子ヤギの足を縛って袋に入れて持っていきます。家に帰ってみたら、子ヤギは息がつまって死んでいます。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルに なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ、もらて 来たや。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「ヤギだや」
「ヤギ どごさ やた?ハンス」
「袋の中さ 入れだや」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、子ヤギだば 首さ 綱こ つけで くるもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルの どごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持てきた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスにベーコンを一切れやります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスは、もらったベーコンに綱をつけて、ひきずっていきます。すると犬が出てきて、ベーコンをがつがつ食べてしまいます。ハンスが家に帰りついたときには綱だけ握っています。綱の先にはもう何もついていません。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごさ 行て きた?」
「グレーテルどごさ 行て きたや」
「おめ、グレーテルに なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ、もらて 来たや。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「ベーコンだや」
「ベーコン どごさ やた?ハンス」
「綱 つげで ひぱって きたばて、とぢゅうで 犬さ くゎいで また」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、ベーコンだば あだまの 上さ 載せで くるもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルの どごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持て きた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスに子牛を一頭やります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスは、子牛をもらって、頭の上にのせます。子牛は足でハンスの顔を蹴ります。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルに なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ、もらて 来たや。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「子牛だや」
「子牛 どごさ やた?ハンス」
「あだまの 上さ のせだばて、わの つらとば 蹴たや」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、子牛だば 連れで きて 干し草掛げの どごさ つないで おぐもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルの どごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持て きた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスに言います。
「わも ついで 行ぐじゃ」
ハンスは、グレーテルを綱につないで連れて帰ると、干し草かけのところに連れて行って、しっかりつなぎます。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルに なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「何も けねや。いしょに ついで 来た」
「グレーテルば どごさ おいで きた?ハンス」
「綱で、干し草かげの 前さ つないで、草 投げで おいだ」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、グレーテルだば、やさし 目を かげで やるもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

ハンスは家畜小屋に入って行きました。そして全部の子牛と羊の目玉を切りぬいて、それらをグレーテルにかけてやりました。するとグレーテルは怒って、綱を切り体を放して、逃げていきました。それでもうハンスの花嫁にはなりませんでした。




Sammenligne to sprogene:













Donations are welcomed & appreciated.


Thank you for your support.