日本語

クノイストと三人の息子

ITALIANO

Knoist e i suoi tre figli


ヴェレルとゾイストの間にクノイストという名の男が住んでいて、息子が三人いました。1人は目が見えなくて、もう1人は足が不自由で、三人目は素っ裸でした。あるとき、三人は野原に行き、ウサギを見ました。目の見えないのが撃って、足の不自由なのが捕まえて、裸の男がポケットに入れました。それから、とても大きな湖に行きました。その湖には3艘の船があり、1艘は進み、もう1艘は沈み、3艘目は底がありませんでした。3人とも底がない船に乗りました。その後、とても大きい木があるとても大きい森に来ました。その木の中にとても大きい礼拝堂があり、その礼拝堂にブナの木でできた寺男とツゲの牧師がいて、牧師はこん棒で聖水をかけていました。本当にどんなに幸せでしょう、聖水から逃れられる人は。
Tra Werrel e Soist abitava un uomo che si chiamava Knoist, e aveva tre figli: uno era cieco, l'altro zoppo e il terzo tutto nudo. Un giorno andarono per i campi e videro una lepre. Il cieco le sparò, lo zoppo la prese e quello nudo la mise in tasca. Poi giunsero in riva a un gran fiume e videro tre navicelle una correva, l'altra colava a picco e la terza non aveva il fondo. Salirono tutt'e tre in quella senza fondo e giunsero a un gran bosco, dove c'era un grande albero, e nell'albero c'era una gran cappella, e nella cappella c'era un sagrestano di carpine e un prete di bossolo che davano l'acqua santa a suon di bastonate. Felice è l'uom che campa, facendo a meno dell'acqua santa!





二つの言語を比較します:













Donations are welcomed & appreciated.


Thank you for your support.