中文

上帝的动物和魔鬼的动物

日本語

神様の動物と悪魔の動物


上帝造完所有的动物后,挑了狼做他的狗,却单单忘了造山羊。 于是魔鬼就做好了准备,要创造一种尾巴细长的山羊。 当这种山羊在牧场上吃草时,长尾巴老是挂在了篱笆上,魔鬼又得马上去解开,费尽了周折。 魔鬼最后也火了,他干脆咬断了所有的羊尾巴,现在我们还能看到羊身上余下来的那一截。
后来魔鬼就让它们自己去吃草,但上帝正巧打那里经过,看见了这些羊,发现一只正在啃吃一棵果树,一只在损坏葡萄树,一只在摧残别的弱小植物,上帝很伤心。 本着慈悲为怀的心愿,上帝唤来了狼,眨眼间狼就把那些山羊咬得稀烂了。 魔鬼知道了这件事,便来到了上帝的跟前说:"你的畜生咬死了我的山羊。"上帝反问道:"你为何创造那些东西来作孽呢?"魔鬼申辩说:"我也没办法,因为我脑子里总想着要干坏事,我不能创造别种性质的东西,你得重重地赔偿我。""好的,等橡树叶落光后我再赔你。那时你来,我会如数把钱赔给你。"等橡树落叶时,魔鬼来讨债了。 但上帝说:"君士坦丁教堂里还有一棵橡树叶子仍在。""魔鬼愤怒异常,口中诅咒着,便去寻找那棵橡树。他在杳无人烟的荒野游荡了六个月,最后总算找到了那棵树。当他回来时,枯木又逢了春,所有的橡树又披上绿装了。魔鬼只得放弃了他的债,盛怒之下,挖掉了所有山羊的眼睛,把自己的眼睛给塞了进去。
从此,山羊就有了魔鬼的眼睛和咬断的尾巴,而鬼呢,总是喜欢装成它们的样子。
神様は全ての動物を創り、狼を自分の犬に選びましたが、山羊を忘れてしまいました。それで悪魔も準備し創り始め、立派な長い尻尾のある山羊を創りました。さて、山羊が草を食べに行くと、たいてい尻尾が生け垣にひっかかったままになるので、悪魔はでかけていって、とても骨をおって、尻尾をほどかなければなりませんでした。とうとう悪魔は怒って、行ってどの山羊の尻尾も噛み切ってしまいました。それが今日までぶつっとした切り株になってみられるものです。

それから悪魔は山羊だけで草を食べに行かせました。しかし、山羊があるときは実のなる木を噛み、またあるときは立派なブドウを駄目にしたり、他の弱い植物を枯れさせたりしたのを神様が気づくことになりました。神様は、これに心を痛めて、やさしさと情けから狼たちを呼びました。それで狼はすぐにそこに行った山羊をバラバラに引き裂きました。

悪魔はこれを見たとき、神様の前に行き、「あなたの生き物が私の生き物を殺しました。」と言いました。神様は「どうしてお前は害をなすものを創ったのですか。」と答えました。悪魔は「私の考えが悪い方に走るんですから、そうするよりしかたがなかったんです。私が創るものは他の性質を持ちません。あなたは酷い損害を私に支払わなくてはいけません。」と言いました。「カシの葉が落ちたらすぐ支払うよ。そのとき来なさい。お前の金はそのとききっちり用意しておくよ。」

カシの葉が落ちてしまったので、悪魔はやって来て、自分に当然支払うべきものを要求しました。しかし、神様は「コンスタンチノープルの教会にはまだ葉が全部ついている高いカシの木が立っている。」と言いました。怒って悪態をつきながら、悪魔は別れていき、カシの木を探しにでかけました。荒れ野を6ヶ月さまよい、その木を見つけました。そして、戻ったとき、その間にカシの木は全部緑の葉っぱで再びおおわれていました。それで、悪魔は損害賠償を失くしてしまいました。それで、怒り狂って、残っている山羊全部の目をとりだして代わりに自分の目を入れました。こういうわけで、全部の山羊は悪魔の目をしていて、尻尾は噛み切られているし、悪魔は山羊の格好を装うのが好きなのです。




比較翻譯:













Donations are welcomed & appreciated.


Thank you for your support.