日本語

ものわかりのいいハンス

NEDERLANDS

Slimme Hans


ハンスの母が、
「ハンスや、どごさ 行ぐの?」と尋ねました。
「グレーテルの どごさ」とハンスは答えました。
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「え日だねぇ、グレーテル」
「よぐ 来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持て きた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスに針を一本やります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスはもらった針を干し草車に刺し、車のあとについて家に帰ってきます。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、いんままで どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルさ なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ、もらて きたよ。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「針だよ」
「針 どごさ やた?ハンス」
「干し草車さ 刺したや」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、針だば 袖さ 刺して おぐもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルのどごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持てきた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスにナイフをやります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスはもらったナイフを袖に刺して家に帰ってきます。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルさ なに 持て 行て けだの?」
「なも 持て 行がねよ、もらて 来たや。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「ナイフだや」
「ナイフ どごさ やた?ハンス」
「袖さ 刺したや」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、ナイフだば 袋さ 入れで おぐもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルの どごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持て きた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスに子ヤギを一匹やります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスは、もらった子ヤギの足を縛って袋に入れて持っていきます。家に帰ってみたら、子ヤギは息がつまって死んでいます。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルに なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ、もらて 来たや。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「ヤギだや」
「ヤギ どごさ やた?ハンス」
「袋の中さ 入れだや」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、子ヤギだば 首さ 綱こ つけで くるもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルの どごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持てきた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスにベーコンを一切れやります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスは、もらったベーコンに綱をつけて、ひきずっていきます。すると犬が出てきて、ベーコンをがつがつ食べてしまいます。ハンスが家に帰りついたときには綱だけ握っています。綱の先にはもう何もついていません。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごさ 行て きた?」
「グレーテルどごさ 行て きたや」
「おめ、グレーテルに なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ、もらて 来たや。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「ベーコンだや」
「ベーコン どごさ やた?ハンス」
「綱 つげで ひぱって きたばて、とぢゅうで 犬さ くゎいで また」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、ベーコンだば あだまの 上さ 載せで くるもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルの どごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持て きた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスに子牛を一頭やります。
「せばな、グレーテル」
「せば、ハンス」
ハンスは、子牛をもらって、頭の上にのせます。子牛は足でハンスの顔を蹴ります。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルに なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ、もらて 来たや。」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「子牛だや」
「子牛 どごさ やた?ハンス」
「あだまの 上さ のせだばて、わの つらとば 蹴たや」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、子牛だば 連れで きて 干し草掛げの どごさ つないで おぐもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

「ハンスや、どごさ 行ぐの?」
「グレーテルの どごさ」
「じょずに やるんだよ」
「うん、じょずに やるよ、せばな、おかさん」
「行て こへ、ハンス」
ハンスはグレーテルの家に行きます。
「いい日だねぇ、グレーテル」
「よぐ来たねぇ、ハンス。あんた、どした ええもの 持て きた?」
「なも 持て こねよ。何が もらて行きて。」
グレーテルは、ハンスに言います。
「わも ついで 行ぐじゃ」
ハンスは、グレーテルを綱につないで連れて帰ると、干し草かけのところに連れて行って、しっかりつなぎます。
「たんだいま、おかさん」
「ハンス、帰たが、おめ、どごに いだだ?」
「グレーテルどごに いだや」
「おめ、グレーテルに なに 持て いて けだの?」
「なも 持て いがねよ」
「グレーテルは 何 くれだ?」
「何も けねや。いしょに ついで 来た」
「グレーテルば どごさ おいで きた?ハンス」
「綱で、干し草かげの 前さ つないで、草 投げで おいだ」
「ばがだごと、さねでよ、ハンスや、グレーテルだば、やさし 目を かげで やるもんだね」
「どでも いでばな、おかさん、こんだだば、もと じょずに やるね」

ハンスは家畜小屋に入って行きました。そして全部の子牛と羊の目玉を切りぬいて、それらをグレーテルにかけてやりました。するとグレーテルは怒って、綱を切り体を放して、逃げていきました。それでもうハンスの花嫁にはなりませんでした。
Hans' moeder vraagt: "Waar ga je naar toe, Hans?"
Hans antwoordt: "Naar Grietje."
"Gebruik je verstand, Hans."
"Zal wel gaan moeder. Tjuus moeder."
"Tjuus, Hans."
Hans komt bij Grietje. "Dag, Grietje!"
"Dag Hans! Heb je wat meegebracht?"
"Niks, geef maar wat."
Grietje geeft Hans een mooie speld. Hans zegt: "Tjuus, Grietje."
"Tjuus, Hans."
Hans neemt de speld, steekt hem in een hooiwagen en gaat achter de hooiwagen aan, naar huis. "G'n avond, moeder."
"G'n avond Hans. Waar was je?"
"Bij Grietje."
"Had je d'r wat meegebracht?"
"Niets gebracht. Gekregen."
"Wat heb je van haar gekregen?,,"'n Mooie speld."
"En waar heb je die speld, Hans?"
"In de hooiwagen gestoken."
"Dat is dom van je Hans. Had de speld maar aan je mouw gestoken!"
"Hindert niet. Volgende maal beter."

"Waar ga je naar toe, Hans?"
"Naar Grietje, moeder!"
"Gebruik je verstand, Hans."
"Dat zal wel gaan. Tjuus, moeder."
"Tjuus, Hans."
Hans komt bij Grietje. "Dag, Grietje."
"Dag Hans. Heb je wat moois?"
"Neen. Geef me maar wat."
Grietje geeft hem een mooi mes. "Tjuus, Grietje."
"Tjuus, Hans."

Hans neemt het mes, steekt 't door zijn mouw en gaat naar huis. "G'n avond, moeder."
"G'n avond Hans. Waar ben je geweest?"
"Bij Grietje geweest."
"Wat heb je d'r meegebracht?"
"Niks gebracht. Gekregen."
"Wat heb je van Grietje gekregen?,,"'n Mes gekregen."
"En waar heb je dat mes, Hans?"
"Aan m'n mouw gestoken."
"Dat was een domme streek, Hans. Je had het in je zak moeten steken."
"Hindert niet. Andere keer beter."
"Waar ga je naar toe, Hans?"
"Naar Grietje, moeder."
"Gebruik je verstand, Hans."
"Komt wel goed, moeder. Tjuus, moeder."
"Tjuus, Hans."
Hans komt bij Grietje. "Dag, Grietje."
"Dag Hans. Wat breng je voor moois?"
"Niks. Geef maar wat moois."
Grietje geeft Hans een jong geitje. "Tjuus, Grietje."
"Tjuus, Hans."

Hans neemt het geitje, bindt z'n pootjes bijeen en steekt het in zijn zak. Als hij thuis komt, is 't beestje dood. "G'n avond, moeder."
G'n avond Hans. Waar ben je geweest?"
"Bij Grietje geweest."
"Had je wat meegebracht?"
"Niks gebracht. Gekregen."
"Wat heeft Grietje je gegeven?"
"Een geitje."
"En waar is dat geitje, Hans?"
"In m'n zak."
"Dat was dom van je, Hans. Je had het geitje aan 'n touw moeten binden."
"Hindert niet. Volgende keer beter."

"Waar ga je naar toe, Hans?"
"Naar Grietje, moeder."
"Gebruik je verstand, Hans."
"Komt wel goed, moeder. Tjuus, moeder."
"Tjuus, Hans."
Hans komt bij Grietje. "Dag, Grietje."
"Dag Hans. Heb je wat moois meegebracht?"
"Niks gebracht. Geef jij maar wat."
Grietje geeft Hans een stuk spek. "Tjuus, Grietje."
"Tjuus, Hans."

Hans neemt 't spek, bindt er een touw om en sleept het achter zich aan. Achter hem komen honden en eten 't spek op. Als hij thuis komt, heeft hij een touw aan zijn hand: niets eraan. "G'n avond, moeder."
"G'n avond, Hans. Waar ben je geweest?"
"Bij Grietje geweest."
"Heb je wat meegebracht?"
"Niks gebracht. Gekregen."
"Wat heb je van Grietje gekregen?"
"Een stuk spek,"
"En waar is dat spek, Hans?"
"Touw d'r om, meegesleept, honden gekomen, weg."
"Dat was dom van je, Hans. Het spek had je moeten dragen."
"Hindert niet. Andere keer beter."

"Waar ga je naar toe, Hans?"
"Naar Grietje, moeder."
"Verstand gebruiken, Hans."
"Komt in orde, moeder. Tjuus, moeder."
"Tjuus, Hans."
Hans komt bij Grietje. "Dag Grietje."
"Dag, Hans."
"Breng je wat mee?"
"Niks. Heb jij wat?"
Grietje geeft Hans een kalf. "Tjuus, Grietje."
"Tjuus Hans."

Hans neemt 't kalf, draagt het in zijn armen, het kalf schopt hem in 't gezicht. "G'n avond, moeder."
"G'n avond, Hans. Waar ben je geweest?"
"Bij Grietje geweest."
"Had je wat meegebracht?"
"Niks gebracht. Gekregen."
"Wat had je van Grietje gekregen?"
"Een kalf."
"En hoe heb je dat gedaan?"
"Gedragen."
"Dat was dom van je, Hans. Een kalf moet je meenemen en dan aan de voerbak binden."
"Hindert niet. Volgende keer beter."
"Waar ga je naar toe, Hans?"
"Naar Grietje, moeder."
"Gebruik je verstand, Hans."
"Komt wel goed. Tjuus, moeder."
"Tjuus, Hans."
Hans komt bij Grietje. "Dag, Grietje."
"Dag, Hans. Heb je wat moois meegebracht?"
"Niks gebracht. Geef jij maar wat."
Grietje zegt tegen Hans: "Dan ga ik met je mee."

Hans neemt Grietje, bindt haar aan een touw, drijft haar voort, brengt haar bij de voerbak en bindt haar daar vast. Dan gaat Hans naar zijn moeder. "G'n avond, moeder."
"G'n avond, Hans. Waar ben je geweest?"
"Bij Grietje geweest."
"Wat heb je voor haar meegebracht?"
"Niks meegebracht."
"Heeft Grietje je wat gegeven?"
"Gegeven niks. Meegegaan."
"Waar heb je haar dan?"
"Aan 't touw gedreven, voor de voerbak gebonden, gras gegeven."
"Dat was dom van je Hans. Je had haar vriendelijke ogen moeten toewerpen!"
"Hindert niet. Volgende keer beter."

Hans gaat naar de stal. Steekt alle kalveren en schapen de ogen uit, werpt ze Grietje in 't gezicht. Nu wordt Grietje boos, rukt zich los, loopt hard weg en Hans z'n meisje is ze niet meer.




二つの言語を比較します:













Donations are welcomed & appreciated.


Thank you for your support.